ブランケット にくるまって

 そろそろお部屋の模様替え

ぬくもりを感じて

 

大分と秋を感じられるようになりました。

夜は窓を開けていると寒いくらいです。

寒がりの私はブランケットにくるまってリビングで過ごしてます。

母が編んだブランケット。

一枚、また一枚…と会うたびに枚数が増えて、100枚以上。

 
一枚として同じ組み合わせの色遣いはないのですから驚きです。

一枚に6色。次にどの色で編んでいくのか、その都度気分で決めていく。

 

 
同じ動作を繰り返しているのに、楽しいのはそこなのでしょう。

枚数が仕上がったら、どの子の横にどの子を置くのか…配置を決めるのも楽しみのひとつ。

思い起こせば、祖母も晩年にはかぎ針で大きな絨毯を編み上げていました。

それは何故か家にある…。そろそろ家の衣替え。あの絨毯を敷くのです。

祖母と母のハンドメイドに包まれて冬を越すのです。

 
 
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。