プリミティブ なものに憧れる

素朴で原始的で有機的

カリブの民族手芸、モラような プリミティブ さを

プリミティブ なモノになぜか惹かれます。

人間 本来秘めている エネルギー とか、 温かみ を 感じる からでしょうか?・・・

喜びあふれる長い ゴールデンウィーク も終わり、 いつもの日常 にもどってしましました。

楽しく 有意義な時間 を過ごされたことでしょう。

折角の永いお休みに何か始めようと思っていましたが、生憎、ここ何十年かで最悪の 風邪 に見舞われてしましました。

養生に処方された 抗生物質 に アレルギー が出てしまい、踏んだり蹴ったり。

自分の 自然治癒力 を信じるべきだった…と戒めています。

自然治癒力 …。 人間 生まれながらに持っている 怪我 や 病気 を 治す力 …。

人間生まれながらに持った○○…と言うのは他にもあるように思っていて。

例えば、 手仕事 好きな私が思うに、 創作力 や 感性 。

モノづくり をあまりしなくなった 町の人間 はその力は薄らいでいるかもしれませんが、

どこか遠い国の 民族 。彼らにはその力がふんだんに 備わっている と思うのです。

それが私にはプリミティブな 芸術品 として生きていると見受けられます。

素朴 で 原始的 で 有機的 。 洗練されてはいないけれど 、 魅力はある 。

そういうものが私は好きなんですよね。

母が若い頃に少しづつ集めた 美術品 を結婚する時にゆずり受けたものがいくつかあります。

その中の モラ は私が好きなもののひとつです。

どこの誰が作ったものかは分かりませんが、面白いです。

手仕事 についての他の エッセイ はこちらから

手仕事 への 想い を綴った 自己紹介 はこちらから

twitter や、FACEBOOK でもご覧いただけます。
もしよろしければ、フォロー よろしくお願いします!
twitter へはこちらから
FACEBOOK へはこちらから

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。