シルク ~ 艶 と 発色

Pocket
LINEで送る

お国の違い で 色 も 変わる !?

フランス と インド 、それぞれで 染められた シルク の違い

シルク の話です。 シャトンジャルダン の バッグ は秋冬は カシミヤ や ウール 、春夏は シルク を使っています。

手触り だったり、 色のきれいなもの…なんて選んでいるとどうしても、手に取っている 布 はそうなっている気がします。
http://y-chaton-k.net/wp-admin/post-new.php#edit_timestamp

色のきれいなもの …と言いましたが、 フランス製 のシルクと インド製 のシルクでは少し色合いが違ったりもします。

フランス製のシルク は 艶があって、少しくすんだような 落ち着いた 微妙な色合い がとてもきれいです。

インド製のシルク は 発色がいい です。眩しいほどの 鮮やかさ がきれい。

フランス製のシルク も 鮮やかな色のもの は確かにありますが、 インド製 のものとはやっぱり違います。

どちらがいいというわけではなくて、 どちらも素敵 。

手触り に関していうと、やはり フランス製のシルク の方には しっとりとした柔らかさ があるでしょうか。

インド製のシルク には少し シャリ感 があります。それが 色の鮮やかさを生む のでしょう。

お国が違う と 色合いや風合いも変わる のです。

春夏用の バッグ にはこの二種類の 生地 が使われています。

handmade-04-シルク


グリーン と ベージュ は フランス製のシルク で、 イエロー 、 ピンク系 、 黒 は インド製のシルク です。

目に飛び込んでくる 色の強さ が違います。

夏の日差しに負けない きれいな色 を持って出かけたら、楽しいことがありそう♪。

しっとり 大人な気分 を装いたいときには フランス製のシルク で 落ち着いた雰囲気 に。

そんな風に選んでみるのも面白いです。

手仕事 についての他の エッセイ はこちらから

手仕事 への 想い を綴った 自己紹介 はこちらから

twitter や、FACEBOOK でもご覧いただけます。
もしよろしければ、フォロー よろしくお願いします!
twitter へはこちらから
FACEBOOK へはこちらから

フォローよろしくお願いします!

Pocket
LINEで送る

SHOPもよろしく!




よろしくお願いします!(^^)!

お気に入りが見つかりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です