カシミヤ 猫たちもお気に入り

Pocket
LINEで送る

カシミヤをつかう、その理由

ぽってり、しっとり、そして羽のような軽さの カシミヤ

カシミヤ セーター
カシミヤ セーター

 
カシミヤ は「 カシミヤヤギ 」の毛を紡いで作った 糸 、あるいはその糸を使って織った 織物 のこと。

肌触りはとても柔らかく、ぽってりとしていて、 保温性 ・ 保湿性 に優れた 素材 です。

そして、何よりとてもとても 軽い ことが魅力でもあります。

当然、それだけ質が良いという事であれば、それ相当のお値段となりますが・・・。

ウール の セーター などに比べると、格段に暖かく、 毛玉も出来にくい !という利点もあり

寒い冬には手放せません。

そのような上等のカシミヤというこの素材を何故、バック で使用したのか…?というのは、

良く尋ねられるところですが、

『 シャトンジャルダン とは』の中でも語っていますが、理由の一つには家の 猫 たちにあります。

カシミヤのぽってりしっとり、そしてふわふわの温かさは、 猫 たちの お気に入りでもあるのです。

猫 たちは本当に、肌触りのよいものが大好き。 ウール の セーター と カシミヤセーター が並んでいても、

どういう訳だか、引っ張り出すのは カシミヤの セーター 。本当に不思議。

だから、 お気に入り の カシミヤセーター は、こっそり引き出しの奥に大事にしまっておかなくてはなりません。

だけど、時々やってしまうのです。うっかり、ベッドの上に置いたまま…とか。

猫 たちがお気入りなら、私達だってお気に入り。

猫 たちにフミフミにされ穴の開いてしまった セーター を、途方に暮れて眺めていました。

それで思いついたのが ビーズ刺繍 を施して、 リメイク すること。

それがきっかけでした。

ビーズ刺繍 すると沢山の ビーズ で重くなりがちですが、 非情に軽いカシミヤを使うことでそれを

少し軽減することができます。

また、 刺繍 する作り手からしても、ビーズ がスッと収まってくれるので 刺繍 がしやすいのです。

カシミヤの少し艶があるような質感と、キラキラした ビーズ がとても私達には

しっくりと感じられたのです。

あたかも、最初から ビーズ刺繍 が施されていた セーター や カーディガン に思えました。

そして、 デザイン が古くなった セーター や、体に合わなくなった カーディガン を引っ張り出して、

解体し、 バッグ を作ってみることにしました。 お気に入り だけどたぶんもう着ない…そういうものを リメイク し始めました。

一番最初は、落ち着いた ピンクベージュ の セーター でした。

今残る、「 モネの庭 」と名前を付けた バッグ と同じ デザイン でした。

ピンクベージュ に合わせて、 ベージュ や ベビーピンク の ビーズ で 花 を 刺繍 したのでした。

そんなこんなで作り始めた カシミヤバッグ 。

できるだけ 型崩れしない ように工夫を重ね、今の形になりました。

今はもう、皆年をとり、新しく制作することが難しくなりましたが、

現存する作品を是非ご覧ください。

よろしくお願いします。

ショップへはこちらから。


 
 

フォローよろしくお願いします!

Pocket
LINEで送る

SHOPもよろしく!




よろしくお願いします!(^^)!

お気に入りが見つかりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です