移り気な天気と紫陽花


辛抱強く神秘的な花

紫陽花

 

今年の梅雨入りは、西日本では例年より早く、東日本では遅いようです。

梅雨時はお天気が不安定で、それによって体もどうもスッキリしなくて困ります。

高気圧だの低気圧だの、気圧によって体も影響を受けるようです。

特に女性はホルモンのバランスの変動をいつも繰り返しているだけに、影響を受けやすいのですね。

かく言う私もこの時期、降るのか降らないのかはっきりしない曇り空が続くような日は最悪です。

朦朧としながら、「ああ、自然の小さき一部…。」と、宇宙に気を馳せてしんどいのを紛らわしています(笑)。

雨が降る薄暗い景色の中で色鮮やかな紫陽花が見えると、つい眺めてしまします。

こちらは憂鬱な気分なのに、雨に打たれて生き生きしているように見えるのです。

紫陽花には雨がよく似あう。

透き通るような青い紫陽花が好きで、育てていたら何年か後に赤紫に変わりました。

紫陽花は土の酸性度によって色が変わると言われています。昔、リトマス試験紙で実験しましたよね。

土が酸性だと青く、アルカリ性だと赤くなるのです。

もう一度青く咲かせる為に肥料をまきました。

それなら、同じ敷地で隣同士でも違う色が並んでいるお庭があるのはなぜでしょう…?

気になって調べてみると、老化現象でも色が変化するようです。紫陽花の老化現象…。

生まれれば老いる。これは自然の摂理であります…。

それでも、白い紫陽花だけは土の酸性度に影響されにくいのだそうです。

白い紫陽花の花言葉のごとく、最初から「寛容」に全てを受け入れているかのよう。

因みに、ピンクの紫陽花は「元気な女性」「強い愛情」。

青い紫陽花は「冷淡」「無情」。

紫の紫陽花は「辛抱強い愛情」「清澄」「神秘」。

花言葉を知ってもなを、私は青い紫陽花に惹かれている。

 
 
 

フォローよろしくお願いします!

Facebookもよろしく!



よろしくお願いします!(^^)!

コメント