桜、舞う

Pocket
LINEで送る

年を重ねるたびに好きになる

さくら

 

どんな花も一年に一度花を咲かせるのだし、

何も、桜に限ってのことではない。

だけどどうしてだか、桜は特別に思ってしまう。

少しづつ温かくなるにつれ蕾がふくらんでくると、

無彩色だった木々がほのかにピンク色がかって見えてくる。

その頃からもうワクワクしている。

花が咲き、あちこちの川沿いが一気に桜色に染まったら、気分はもうなぜか上々である。

そして、はらりはらりと花が散り始めると、名残惜しくてわざわざその中を通り抜けたくなってしまう。

花が散る姿まで粋である。

年を重ねるたび、桜に人の一生をみるように感慨深く眺めている。

誰かが「散る」よりも「舞う」ように最後を迎えたい…と言っていて…。

いいことおっしゃる…と感心した。確かに「散る」より「舞う」という言葉の方が前向きでいい。

花びら舞う桜に不思議と悲壮感はない。

きっと粛々と今年も見事に花を咲かせたからだろうね。

さあ、新年度も一歩一歩、歩いていこう。

 
 
 

フォローよろしくお願いします!

Pocket
LINEで送る

SHOPもよろしく!




よろしくお願いします!(^^)!

お気に入りが見つかりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

無礼者