恋するチューリップ


可愛いいだけじゃない

チューリップ

 

今年の春は実にじれったい。

暦の上では春を迎え、時折、温かい日差しを感じるや否や、

寒波が度々舞い戻り、雪を降らせていましたね。

それでも、梅や椿が咲くとやっぱり春がきたと嬉しくなります。

なかでも一番テンションが上がるのはチューリップかしら?

チューリップと言えば、オランダ…を想像するけれど、トルコの花だと言われています。

ヨーロッパに伝えたのはローマ皇帝フェルディナンドに仕える学者であったとされていますが、

ハプスブルク家にも深い縁を持っていたとも言われています。

ハプスブルク家と言えば、時々、コレクションが美術館で公開されますね。

ドイツ系貴族。中世に絶大な富と権力、広大な領土を手にした大大貴族です。

メディチ家同様、天文学や芸術、博物学などの支援収集に貢献したとされています。

チューリップはそういう時代の中にあって、知的な品としてヨーロッパへとやってきた!というお話。

それがいつしか、投機の対象に…。瞬く間に一世風靡し、オランダに広がったのです。

今では珍しくもない、とても身近なチューリップ。こんな時代で良かったわ。

球根。球根っていうのもいいですよね。球根から、すくっと伸びた茎。

しっかりとした曲線を描く葉に、プックリとした花びら。

新しいもの好きの貴族たちの心を鷲づかみにした、可愛いいだけじゃない花。

改めて見つめて…納得の美しさです。

 
 
 

フォローよろしくお願いします!

Facebookもよろしく!



よろしくお願いします!(^^)!

コメント