草花エッセイ - シクラメンの炎 - by ChatonJardin


篝火のように咲く

Happy New Year

 

今年もいつもと変わらず、新しい年が始まりました。

どんな年になるかな…?

いつもこの始まりの時、ワクワクしています。

年の瀬に小さなシクラメンを家に持ち帰りました。

大きなシクラメンもたくさん並んでいたけれど、小さい方を迷わず手に取って。

その昔、貴婦人が「篝火のように咲くのね…」と言ったから、『篝火花』とも言うそうです。

なるほど、そう思ってみて見れば、小さな炎がゆらゆら揺れているようにも見えてくる。

やっぱり、小さなシクラメンで良かった…。大きな炎は気分じゃない。

シクラメンの花言葉は、赤は『嫉妬』。白は『清純』。

この子はピンク。ピンクは『憧れ』『内気』『はにかみ』。

やっぱり、この子で良かった。

下を向いて花を咲かせるその姿がどこか恥ずかしそうだから…だそうです。

少し照れながらも、小さな炎をゆらゆらして温かく…今年はそういう感じでいきたいです。

シクラメンは夏になる頃休眠します。

上手くまた花を咲かせてくれたらいいんだけれど。

休眠させるのは難しいそうです。

ひとまず、今は篝火で温めてもらおう。

 
 
 

フォローよろしくお願いします!

Facebookもよろしく!



よろしくお願いします!(^^)!

コメント