お料理エッセイ - ベイクドチーズケーキ - by ChatonJardin


いつも美味しい我が家の定番

チョコもいいけど…

 

まだ雪の降る所もありますが、暦の上ではもう春。

まだまだ風が冷たくてニット素材が手放せません。

ついつい、愛猫のぬくもり欲しさに抱き上げてしまう…。

寒いと甘いものも欲しくなる。のは私だけでしょうか?

うちのヤヨピーが作るベイクドチーズケーキは、我が家の定番。

粉砂糖をふり、時には生クリームを添えて、温かいミルクティーと味わいます。

昔はフルーツケーキとか、バナナケーキとか…チョコレートケーキも作っていたような気がする。

今は、もっぱらベイクドチーズケーキ。

お菓子作りに関しては、キッチリと計量するのがポイントだと言います。

だけどヤヨピーが作ると、あら不思議、簡単そうに見えてくる。

最初にとりかかるのは、ベイクドチーズケーキの土台の部分。

ザクザクッとした美味しいところ。

グラハマムクラッカー小分けの3袋を、粉粉にこれでもかと砕きます。

グラハマムクラッカーがなかった時は、似通ったクラッカーやクッキーでも風味や食感が変わって面白い。

大方砕けてきたら、溶かしたバターを入れて馴染ませる。

焼き型の底にカチカチに敷き詰めて、しばらく冷蔵庫へ。


冷やし固めている間にすることは上の部分。

室温に戻したクリームチーズを軽くゴムベラで混ぜたら、

バニラビーンズや砂糖を入れて、ブレンダーでまぜまぜ。

卵、生クリーム、サワークリームも投入してまぜまぜ。

続けざまにレモン汁を絞り入れて。まぜまぜ。

最後にグランマルニエを入れるのがヤヨピー流かも…。入れたら風味が大人仕様に。

最後の最後、小麦粉をふるいにかけながら、フリフリ。そしてまぜまぜしたら終わり。

とにかく、水分の少なそうな材料から入れてまぜまぜしていく。

冷やしておいた型を取り出し流し入れたら、オーブンで焼く。

170℃の余熱で温めたオーブンで10分。

さらに、30分。様子を見てもう少し。

出来上がったら、冷蔵庫で一晩寝かして完成!

そしていつも、食欲が勝り、写真を撮らずに食べてしまう…^^;。

砕いて、混ぜて焼くだけ。やっぱり意外に簡単なベイクドチーズケーキ。

今は亡き、グリも好きなケーキでありました。

いつも端くれのひとつまみを満足げに食べておりました。

甘いモノって幸せ。美味しいって最高です。

そろそろ、チョコでいっぱいの世の中ですが、ベイクドチーズケーキもいいでしょ。

 
 
 

フォローよろしくお願いします!

Facebookもよろしく!



よろしくお願いします!(^^)!

コメント