お料理エッセイ - 鯛のあら煮 - by ChatonJardin

Pocket
LINEで送る

お鯛さんだけどリーズナブル!

照りウマホロホロ

 

全く料理をしないと、魚料理は敷居が高い。

捌いたり何だって味付けする前に億劫になってしまう。

でも、一度やってみたら意外と簡単だったりするのです。

「鯛のあら煮」。あの甘辛い照りダレにホロホロとした淡白な鯛の身。

好きなんですよね…。でも、自分で作るとなると一瞬怯んでしまう。

だけどヤヨピーが作ると、あら不思議、簡単そうに見えてくる。

スーパーマーケットの魚売り場でタイの短冊が多めに出ていたら…。

鯛の短冊を通り過ぎて、ヤヨピーが手にするのは鯛の尾頭付きのあら。

短冊が出ている時には大ぶりの、そして身の多くついたあらが一緒に出ています。

こういう時の献立は「鯛のあら煮」。

「鯛」と言ってもあらには違いがないので、とってもリーズナブル。

さてさて、なるべく新鮮なうちにまずすることは!

1.鯛に熱湯をかけること。これで、魚の臭みを取るのです。

大きめのざるに鯛を並べて一気にお湯をかける。裏返してお湯をかける。

ギュンッと皮がひっくり返って、霜降り状態になりますよ。

そしたら、2.煮汁を作ります。

フライパンに、お酒・醤油・砂糖・みりんを入れて中火で沸騰させる。 

分量はお酒と醤油は1:1、:1(甘みは砂糖とみりんの二人で一人)



3.沸騰したら魚を入れて中火のまま蓋をして煮つづける。



4.時折煮汁をかけながら少し火を弱めて煮る。



5.味をみながら足りなければ、砂糖、醤油をたす。

ここがポイント!! どうしても、味が決まらない時は、お酒を多めにドドッと入れて調理しなおす。

ここで「やばい!水だ!」と水を入れて薄めてしまうとただただ水臭くなるだけ。お酒は水臭くならずに味をやり直せるんだって。

とヤヨピーが申しております。

そうして煮汁がほぼほぼなくなるまでコトコトコトコト。意外と長く煮るのです。

私は、煮汁は多めに残す。なぜって、煮こごりの為である。

次の日の為に煮汁を少し取り分けて、冷蔵庫で冷やしておくのだ。

炊き立ての白ご飯に煮こごりをのせる。ジュワッととろけたところをパクリ。

私にとって「鯛のあら煮」は、この煮凝りの為にある…と言っても過言ではない。

ともあれ、とっても簡単に思えませんでしたか?

是非、「鯛のあら」を見かけたら躊躇なしに試してみてください。

 
 
 

フォローよろしくお願いします!

Pocket
LINEで送る

SHOPもよろしく!




よろしくお願いします!(^^)!

お気に入りが見つかりますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

思わぬ特技